【D坂文庫アーカイヴス】おかあさん、だいすき/だいきらい



ちょっ と前に息子とおかあさんの物語が流行ったとき、それはそれでよいなとは思ったけど、息子と母ってわりと関係性がわかりやすくていいな、という感想を持った。あるいは父と娘というのも。だって、なんか「だいすき」がまっすぐ言えそうじゃん? 娘と母って一筋縄ではいかない微妙な関係があるような気がする。好きだけど、好きになれない。その感情を作者の佐野洋子さんはとても淡々と書く。その淡々さの中にある、すきときらいが入り交じったかんじがとてもわかって辛かった。それでも、最後に救われる。だって、おかあさん、すきだもん。

シズコさん 佐野洋子 新潮文庫



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます

往来堂書店

最近のお知らせ