ボーイズラブ・スタディーズ

ボーイズラブ・スタディーズ
ボーイズラブ・スタディーズ

特に否定的な意見があったわけではないけれど、何となく遠ざけてしまっていたBLの世界。
男性からするとなかなかとっつきにくく知る機会も少ないこの世界を、文庫化されたばかりの本書が丁寧に教えてくれました。

『ボクたちのBL論』はすでにBL沼にどっぷり浸かっている芸人・サンキュータツオ氏が映画史研究家の春日太一氏にBLのいろはを説く、対談形式の入門書。
作品の中に余白を如何に発見するか、またその余白をどう補完して楽しむか。
また、どの視点に立ち、どこを対象として妄想を広げるか。
そういった知的遊戯としてのBLが、ロジカルかつアカデミック(?)に解説されています。

そして、随所に添えられた側注が逐一面白い。
「マリア様がみてる」の項目ではあまりの熱量に両氏が別々に注を付すほど…。
オタクカルチャーの語録的な楽しみ方もできる一冊です。


本書でBLの体系に魅力を感じたならば、ぜひ具体的な作品へ。
近刊で気になっていたものがあったのでそちらをご紹介します。

左右社による、古典文学にBL要素を注ぎ足して現代語訳に書き換える「BL古典セレクション」シリーズ。
その第一弾として10月に刊行されたばかりの『竹取物語 伊勢物語』。
なんと登場人物が全員、男。竹取物語の主人公は「かぐや彦」。BLの対象範囲の広さたるや…。
12月に刊行予定の第二弾は海猫沢めろんさんによる「古事記」とのことで、こちらも非常に楽しみです。


ひとつの作品から幾重にも広がる楽しみ方はまさに宇宙的。
「BLメガネ」をかけると世界の見え方がガラリと変わる!これを機に一度こちらの世界へ踏み込んでみては。(ご)


『ボクたちのBL論』
サンキュータツオ/春日太一 著
河出書房新社 刊
本体900円+税

『BL古典セレクション① 竹取物語 伊勢物語』
雪舟えま 訳
左右社 刊
本体1700円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ