#往来堂 #文庫 ベスト10 2017/10/1-7

#往来堂  #文庫  ベスト10 2017/10/1-7 1 『クラシック音楽の歴史』 中川 右介  KADOKAWA
2 『発達障害に気づかない大人たち』 星野 仁彦  祥伝社 
3 『べんけい飛脚』 山本 一力  新潮社
4 『鍵の掛かった男』 有栖川 有栖  幻冬舎
5 『ダイイング・アイ』 東野 圭吾  光文社
6 『死者を弔うということ 世界の各地に葬送のかたちを訪ねる』  S.マレー  草思社
7 『絵で見る 明治の東京』 穂積 和夫 絵と文  草思社
8 『恨み残さじ』  佐伯 泰英  双葉社
9 『冷蔵庫を抱きしめて』 荻原 浩  新潮社
10 『サラバ! 上』 西 加奈子  小学館

6位、いま生きている私にとって、「死者」と向き合い、その「死」を受け入れるとは、どのようなことなのか、どうしたら可能なのか。
身近な人の死をきっかけに、その問いに応えるべく、世界各地の人たちの死にまつわる儀式、風習を訪ねて歩いた記録。
7位、映画やドラマを見て、その時代の風景や街並み、人々の服装や、走っている車や鉄道などを眺めて、へ~こんなだったんだ!と知ることが楽しいです。 東北大学で建築を学び、長沢節に師事してイラストレーターとしても活躍されている穂積和夫さんによる、明治の街の様子。

カテゴリ: 文庫ベスト10

往来堂書店

お店と町の様子

最近のお知らせ