「罪の轍」奥田 英朗 新潮社東京オリンピック前年に起きた男児誘拐事件。世間から取り残された孤独な魂の彷徨…。本田靖春のノンフィクション「誘拐」(ちくま文庫)を直ぐに思い出しました。フィクションとノンフィクション、読み比べると何が見えてくるのか、興味深いですね。

「罪の轍」奥田 英朗 新潮社東京オリンピック前年に起きた男児誘拐事件。世間から取り残された孤独な魂の彷徨...。本田靖春のノンフィクション「誘拐」(ちくま文庫)を直ぐに思い出しました。フィクションとノンフィクション、読み比べると何が見えてくるのか、興味深いですね。



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ