人間の日常のなかに不思議が混ざる物語のジャンル、それが「エブリデイマジック」

人間の日常のなかに不思議が混ざる物語のジャンル、それが「エブリデイマジック」。ㅤそんな物語を描き続けてきた作家・角野栄子の世界。ㅤおしゃれのルール、めがねコレクション、いま住んでいる鎌倉のこと、鎌倉に越してから始めた俳句、卒業論文で取り組んだマッカラーズ、幼いころ、2年間滞在したブラジルからの手紙、心に残る風景、旅先から連れて帰ったもの、大好きな本30冊・・・・そして、明日へのおまじないは・・・いいこと、ありそな、いいこと、ありそな・・・・ㅤ『角野栄子のエブリデイマジック』ㅤ角野栄子・著平凡社・刊1,600円+税
人間の日常のなかに不思議が混ざる物語のジャンル、それが「エブリデイマジック」。ㅤそんな物語を描き続けてきた作家・角野栄子の世界。ㅤおしゃれのルール、めがねコレクション、いま住んでいる鎌倉のこと、鎌倉に越してから始めた俳句、卒業論文で取り組んだマッカラーズ、幼いころ、2年間滞在したブラジルからの手紙、心に残る風景、旅先から連れて帰ったもの、大好きな本30冊・・・・そして、明日へのおまじないは・・・いいこと、ありそな、いいこと、ありそな・・・・ㅤ『角野栄子のエブリデイマジック』ㅤ角野栄子・著平凡社・刊1,600円+税

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ