快適な生活を送るための、生活実践と人生哲学『年収90万円でハッピーライフ』大原扁理

老後を穏やかに暮らしてゆくには2000万円の資産が必要で、そのために休まず働いて稼いで貯金して…。こうも暗い気分になってしまうのは何故なのでしょうか。勿論お金は生きてゆくのに必要なものだけれど、それ自体が目的になって生活が息苦しくなってしまうのでは、本末転倒。老後も大事だけどこうして働いているイマも同じ人生、等しく大切にする権利があるはず。トータルでハッピーだと思える人生を送りたい!せわしない現代社会と距離を置き、自由気ままに暮らしている人の本です。「好きなことで生きていく」ではなく、「イヤなことで死なない」。自問自答の末に辿り着いた著者のスタイルは「週2日だけ働いて、残りの5日楽しく暮らす」ことでした。自分にとって快適な生活を送るための、生活実践と人生哲学。著者のライフスタイルは極端な一例ではあるけれど、今の生活って本当に自分に合ったものなのかな?と見直すきっかけになります。(ご)『年収90万円でハッピーライフ』大原扁理 著筑摩書房(ちくま文庫) 刊本体740円+税
老後を穏やかに暮らしてゆくには2000万円の資産が必要で、そのために休まず働いて稼いで貯金して…。こうも暗い気分になってしまうのは何故なのでしょうか。
勿論お金は生きてゆくのに必要なものだけれど、それ自体が目的になって生活が息苦しくなってしまうのでは、本末転倒。
老後も大事だけどこうして働いているイマも同じ人生、等しく大切にする権利があるはず。トータルでハッピーだと思える人生を送りたい!

せわしない現代社会と距離を置き、自由気ままに暮らしている人の本です。
「好きなことで生きていく」ではなく、「イヤなことで死なない」。
自問自答の末に辿り着いた著者のスタイルは「週2日だけ働いて、残りの5日楽しく暮らす」ことでした。
自分にとって快適な生活を送るための、生活実践と人生哲学。
著者のライフスタイルは極端な一例ではあるけれど、今の生活って本当に自分に合ったものなのかな?と見直すきっかけになります。(ご)


『年収90万円でハッピーライフ』
大原扁理 著
筑摩書房(ちくま文庫) 刊
本体740円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


往来堂書店

最近のお知らせ