6月の100分de名著は『アルプスの少女ハイジ』です。日本ではアニメの印象がとても強いですが、それには盛り込まれなかった要素もたくさんあります。大人にも十分響く「喪失と再生」の物語、ぜひ原作で。

6月の100分de名著は『アルプスの少女ハイジ』です。日本ではアニメの印象がとても強いですが、それには盛り込まれなかった要素もたくさんあります。大人にも十分響く「喪失と再生」の物語、ぜひ原作で。
6月の100分de名著は『アルプスの少女ハイジ』です。日本ではアニメの印象がとても強いですが、それには盛り込まれなかった要素もたくさんあります。大人にも十分響く「喪失と再生」の物語、ぜひ原作で。

『ハイジ』上下 ヨハンナ・シュピリ 上田真而子訳 岩波少年文庫 720円・680円
NHKテキスト100分de名著『シュピリ アルプスの少女ハイジ』松永美穂 524円
徳間アニメ絵本『アルプスの少女ハイジ』原作ヨハンナ・スピリ 演出高畑勲 1700円
『ハイジが生まれた日 テレビアニメの金字塔を築いた人々』ちばかおり 岩波書店 1800円
『ユリイカ 総特集 高畑勲の世界』青土社 1600円
(価格はいずれも税別)

そして勘の良い方なら、NHKがなぜこのタイミングで『ハイジ』を取り上げるか、もうおわかりですね。
朝ドラ『なつぞら』の主人公がアニメーション映画製作に乗り出した「東洋動画」の試験を受けたことを思い出されるでしょう。
その辺りのことは『ハイジの生まれた日 テレビアニメの金字塔を築いた人たち』に描かれています。

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

お店と町の様子

最近のお知らせ