裸足のままでゆく

裸足のままでゆく東京で生まれて東京で過ごしてきたのに、「東京の街に出てきました」という歌い出しで始まる曲にこんなにも情緒を揺さぶられるのは何故だろう。1996年に京都にて産声をあげたロックバンド・くるりが東京の街に出て、幾回にも及ぶメンバーチェンジを経ながら作品を作り上げ、ライブを行ってきた二十余年の記録。音楽的にはオルタナティブでありながらも日本のロックバンドのスタンダード的存在となったくるりの歴史を網羅し、かつメンバーの肉声がここまで鮮明に感じられる本は他にありません。(ご)『くるりのこと』くるり 宇野維正 著新潮社(新潮文庫) 刊本体590円+税
裸足のままでゆく

東京で生まれて東京で過ごしてきたのに、「東京の街に出てきました」という歌い出しで始まる曲にこんなにも情緒を揺さぶられるのは何故だろう。

1996年に京都にて産声をあげたロックバンド・くるりが東京の街に出て、幾回にも及ぶメンバーチェンジを経ながら作品を作り上げ、ライブを行ってきた二十余年の記録。
音楽的にはオルタナティブでありながらも日本のロックバンドのスタンダード的存在となったくるりの歴史を網羅し、かつメンバーの肉声がここまで鮮明に感じられる本は他にありません。(ご)


『くるりのこと』
くるり 宇野維正 著
新潮社(新潮文庫) 刊
本体590円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


往来堂書店

最近のお知らせ