不可視の光線と、みえるヤツら

不可視の光線と、みえるヤツら基本的に人間は、自分の目で見たままの世界が広がっていると認識しています。しかし、人間の肉眼では見ることのできない紫外線を知覚できる虫や鳥の眼前には、また違った世界が広がっていることでしょう。虫や鳥がどのように世界を知覚しているのか、紫外線写真を用いて探求する一冊です。捕食されやすい虫や鳥が、種としてどのように生き延びてきたのか。その秘密は紫外線に隠されていたのです。人間にも紫外線が見えるようになれば、夏場でも日焼けしなくて済むのに…。(ご)『虫や鳥が見ている世界ー紫外線写真が明かす生存戦略』浅間茂 著中央公論新社(中公新書) 刊本体1000円+税
不可視の光線と、みえるヤツら

基本的に人間は、自分の目で見たままの世界が広がっていると認識しています。
しかし、人間の肉眼では見ることのできない紫外線を知覚できる虫や鳥の眼前には、また違った世界が広がっていることでしょう。

虫や鳥がどのように世界を知覚しているのか、紫外線写真を用いて探求する一冊です。
捕食されやすい虫や鳥が、種としてどのように生き延びてきたのか。その秘密は紫外線に隠されていたのです。

人間にも紫外線が見えるようになれば、夏場でも日焼けしなくて済むのに…。(ご)


『虫や鳥が見ている世界ー紫外線写真が明かす生存戦略』
浅間茂 著
中央公論新社(中公新書) 刊
本体1000円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


往来堂書店

最近のお知らせ