【終了しました】山本貴光さん『投壜通信』刊行記念 とある蔵書のインデックスーー索引術で深める読書の技法

山本貴光さん『投壜通信』刊行記念 とある蔵書のインデックスーー索引術で深める読書の技法
昨日、会場の最終チェックを行いましたところ、スペースに少々余裕がありそうあので、追加でお席をご用意することといたしました。
ただし、机がなく、椅子のみです。通常よりも500円引きとさせていただきますので、明日、お時間のある方はぜひご予約ください!
こちらから↓



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます




※イベントは2部構成、後半は実際に索引を作るワークショップです。索引を付けたい本(本文に蛍光ペンでマーキングしても構わない本)を1冊ご持参ください。参加費=1500円(税込。蛍光ペン1本付き)

「ネットで簡単に調べ物ができる時代に本の索引? なにを寝ぼけておるのか」
そう思ったとしてもご無理はありませぬ。
本だって電子書籍で検索かければいいじゃない。
そう、適切な検索語さえ思いつけばね。
だってほら、そもそもよく知らないことは検索もおぼつかないでしょう?
その点、本の索引はいい。とてもいい。
なにしろ著者や編者がその本の見所、検索語を抽出・精選して並べてくれているのだから。
これを眺めれば、その本の原材料や構成要素も浮かび上がってくる優れもの。
そう、もし本をもっとよく読みたいと思ったら、何度も読みたい好きな本があったら、索引を活用するのが遠回りに見えて近道なのです。
索引を自分で拡張したり作ったりすればさらにステキ。
普段、山本が本を読むとき、どんなふうに索引を作っているのか、使っているのか。そんな本と索引の活用法についてのお話をして、ご参加の皆さんと一緒に索引づくりにチャレンジしてみます。
さらには、一冊一冊の本もまた索引の項目のようなもの。本を組み合わせたり並べたりすることについても考えてみましょう。
本との関係を深め、未来の自分といっそうよく協力するための索引ワークショップです。
(山本貴光)

プロフィール=山本貴光(やまもとたかみつ)1971年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。1994年から2004年までコーエーにてゲーム制作(企画/プログラム)に従事。2004年からフリーランスで、ゲーム作家、文筆業、起稿業、講師。モブキャストとプロ契約中。著書に『文体の科学』『「百学連環」を読む』『文学問題(F+f)+』『投壜通信』、訳書に『ルールズ・オブ・プレイ』など。

日時:2019年6月14日(金)18時半開場、19時スタート
会場:不忍通り根津ふれあい館3階会議室
参加費:1500円(税込)ただし当日、往来堂書店にて単行本お買い上げの方は1000円(税込)
定員:20
お電話・メールでご予約を承ります。往来堂書店にて、事前のお支払いが可能です。

【5/6追記】
お申込み数が定員に達しましたので、以降はキャンセル待ちでのご案内となります。

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ