『しょぼい喫茶店の本』池田達也 百万年書房

『しょぼい喫茶店の本』池田達也 百万年書房「普通」とは何なのか? 就職活動でつまづき、何者にもなれない自分に悩み、思いつめた彼が選んだ道は自営業。「キミは何にでもなれる」と周りから持ち上げられ居心地が悪い思いをしている人はもちろん、すでに何者かになったひとにも、自分が何者でもなかったあの頃を思い出して読んで欲しい一冊。#しょぼきつ #しょぼい喫茶店 #往来堂書店 #本屋 #谷根千
「普通」とは何なのか?

就職活動でつまづき、何者にもなれない自分に悩み、思いつめた彼が選んだ道は自営業。
「キミは若い。可能性に満ち溢れている!むしろ可能性しかない、といったほうが正しい!!キミは何にでもなれる!!!」
と周りから持ち上げられ「んなわけねーだろ」と心の中で毒づいている人にはもちろん、
すでに何者かになって久しいひとにも、
自分が何者でもなかったあの頃を思い出して読んで欲しい一冊。

著者が喫茶店を開いてなんとか軌道にのせるまでに
いかにも現代の話らしく、
ツイッターが大きな役割を果たしています。
アイディアを得るのも、
目標をイメージするのも、
資金を得るのも、
お客さんを集めるのも
すべてソーシャルメディアが当たり前にある現代の話です。
でもこれはそんな「デジタルネイティブ」による、いかにも現代風の成功譚ではありません。

かれの悩み、自惚れと挫折、悪戦苦闘ぶりは
今も昔も変わらない
普遍的なものだと感じました。
だから多くの人に読んでもらいたい。
喫茶店を開くつもりがなくても。
胸がキューンとします。
(お店をやっているひとが読むと、胸が苦しくなりすぎるかもしれないので、注意してください)

(笈)

『しょぼい喫茶店の本』
池田達也
百万年書房
1400円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます




カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ