『倚りかからず』

装丁を見て、ハッとする本ってありますよね。ㅤ茨木のり子の『倚りかからず』がまさにそうでした。装画は高瀬省三氏です。ㅤ表題作を初めて読んだときの背筋がしゃんと伸びるあの感覚をもう一度思い出しつつ、倚りかからず生きていきたい所存です・・・。ㅤもう一つ、『一本の茎の上に』というエッセイ集も入ってきました。ㅤㅤどちらも御守りとして鞄に入れておきたいような、そんな美しい本です。(いぬ)ーーーーー『倚りかからず』茨木のり子・著ちくま文庫・刊580円+税ㅤ『一本の茎の上に』茨木のり子・著ちくま文庫・刊600円+税
装丁を見て、ハッとする本ってありますよね。
茨木のり子の『倚りかからず』がまさにそうでした。装画は高瀬省三氏です。

表題作を初めて読んだときの背筋がしゃんと伸びるあの感覚をもう一度思い出しつつ、倚りかからず生きていきたい所存です・・・。

もう一つ、『一本の茎の上に』というエッセイ集も入ってきました。

どちらも御守りとして鞄に入れておきたいような、そんな美しい本です。(いぬ)

ーーーーー
『倚りかからず』
茨木のり子・著
ちくま文庫・刊
580円+税

『一本の茎の上に』
茨木のり子・著
ちくま文庫・刊
600円+税




お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ