まちあるきしながら読む小説

まちあるきしながら読む小説京都・洛外を舞台として展開する2本の小説と、そこに登場する洛外の風景を紹介するコラムが収録された風変わりな文庫。「まちあるきしながら読む小説」と称される本書は珍妙な構造をしているのですが、それは開いてみてのお楽しみ…。(ご)『恋墓まいり・きょうのはずれ——京都の“エッジ”を巡る二つの旅』花房観音+円居晩 著マジカル・ランドスケープ研究会+千十一編集室 編千十一編集室 刊本体1000円+税#ohraido #恋墓まいり #きょうのはずれ #花房観音 #円居晩 #マジカルランドスケープ研究会 #千十一編集室 #京都 #洛外
まちあるきしながら読む小説

京都・洛外を舞台として展開する2本の小説と、そこに登場する洛外の風景を紹介するコラムが収録された風変わりな文庫。
「まちあるきしながら読む小説」と称される本書は珍妙な構造をしているのですが、それは開いてみてのお楽しみ…。(ご)


『恋墓まいり・きょうのはずれ——京都の“エッジ”を巡る二つの旅』
花房観音+円居晩 著
マジカル・ランドスケープ研究会+千十一編集室 編
千十一編集室 刊
本体1000円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ