豊かな絵本哲学

豊かな絵本哲学
豊かな絵本哲学

『ぐりとぐらシリーズ』や『いやいやえん』などで知られる中川李枝子さんによる、本と子どもと絵本に関するエッセイです。

子どもとして、親として、保育士として、そして絵本作家として。
さまざまな目線での経験をもとに構築された絵本哲学は、つい見失いがちな絵本本来の役割を思い出させてくれます。

安くてまあまあな本をたくさん与えるよりは、お金を貯めてより良い一冊を買った方が、結果的には安上がり。
“本当に良い絵本”の見つけ方、そして中川李枝子さんが絶大な信頼を寄せる名作たちが豊富に紹介されています。
全国のお母さん、そしてこれからお母さんになる方、必読です。

『ぐりとぐらシリーズ』はもちろん、親子で楽しめるかるたやカレンダーもありますのでそちらも是非。(ご)


『本・子ども・絵本』
中川李枝子 著
山脇百合子 絵
文藝春秋(文春文庫) 刊
本体680円+税

『ぐりとぐら』
中川李枝子 作
大村百合子 絵
福音館書店 刊
本体900円+税

『ぐりとぐらかるた』
中川李枝子 作
山脇百合子 絵
福音館書店 刊
本体1000円+税

『ぐりとぐらカレンダー2019』
中川李枝子 作
山脇百合子 絵
福音館書店 刊
本体1300円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


往来堂書店

最近のお知らせ