もぐもぐと、むしゃむしゃと、読む



もぐもぐと、むしゃむしゃと、読む

『コンビニ人間』で芥川賞を受賞した村田沙耶香さんによる初の書評集、タイトルは『私が食べた本』です。

本を食べた、というのは言い得て妙で、何度も繰り返し咀嚼するように読み、それがやがて血となり肉となりその人の構成要素となってゆくさまは、食事と同じ生命活動の一環と言ってもいいかもしれません。
村田沙耶香さんがこれまで、生きるために読み、消化してきた本の数々を、そのエッセンスが充分に染み渡った文章で綴られています。

書評だけでなく、「読む」「書く」ことについてのエッセイも掲載されており、村田さんがそれらをどのように位置づけ、向き合ってきたかがビリビリと伝わってきます。(ご)


『私が食べた本』
村田沙耶香 著
朝日新聞出版 刊
本体1400円+税

『コンビニ人間』
村田沙耶香 著
文藝春秋 刊
本体580円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


カテゴリ: 本の本,本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ