雪と暮らす、猫

雪と暮らす、猫
雪と暮らす、猫

深々と雪が積もる北の大地で、逞しく生きる猫。
丸くなって寒さを耐え忍んでいたり、足跡をつけながら雪上を闊歩していたり、なかには氷柱をぺろぺろ舐める姿も。

パウダースノーを毛並みに積もらせながら、彼らは何を考えるのか。
「かわいさ」とはまた別の面が垣間見える、そんな写真集です。(ご)


『北に生きる猫』
土肥美帆 著
河出書房新社 刊
本体2400円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


往来堂書店

最近のお知らせ