ゴミ袋にみる社会学

ゴミ袋にみる社会学
ゴミ袋にみる社会学

ゴミ清掃員として働く芸人・マシンガンズ滝沢氏が日々の業務の中で遭遇するさまざまな出来事を痛快に綴った一冊。
大変な業務をこなし、ときには悪質なクレームに晒されながらも捨てられたゴミたちの中に面白さを見出してしまうのはやはり芸人の性なのでしょうか。

捨てられたものだからこそ、人間の活動が生々しく浮かび上がる。
ゴミは「捨てた」瞬間に意識の外に置いてしまいがちですが、「捨てたあと」のことを改めて考え直すキッカケになる一冊です。(ご)


『このゴミは収集できません』
マシンガンズ滝沢秀一 著
白夜書房 刊
本体1300円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


往来堂書店

最近のお知らせ