アンビルトの夢

アンビルトの夢
実際に建てられなかった建築や都市、いわゆるアンビルトアーキテクチャーのドローイング集。
実際にできた建築や都市に劣るどころか、むしろその案に込められたアンビルトの夢や思想は、より輝く未来を見据えているように思えます。

1000年前の幻の礼拝堂から、1960年代に日本で起ったメタボリズム運動から生まれた都市像、最新の技術を駆使したバンコクハイパービルディングまで、主要なアンビルトを掲載。
アンビルトとなった背景や、その案がもたらした社会への影響も詳しく説明されています。

常識に囚われずに思い描いた考えは、時代を超えて私たちの心を響かせるのだと気づかせてくれます。(な)

『まぼろしの奇想建築』
フィリップ・ウィルキンソン・著
関屋冬華・訳
ナショナルジオグラフィック社・刊
本体2,700円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます

往来堂書店

最近のお知らせ