夢は終わらんよ!

夢は終わらんよ!
夢は終わらんよ!

一昨日の10月13日、でんぱ組.incの夢眠ねむさんが来年1月のライブを最後にグループから卒業し、3月には芸能活動を終了することがご本人のツイッターにて発表されました。

でんぱ組.incとの出会いは思い返せば4年前、それまでアイドルに一切興味のなかった僕が、友人に誘われて行ったライブをきっかけにどハマりしてしまいました(ねむさん推し!)。
それからCDを買い集め、遠くのライブ会場に足を運び、ファンクラブにも入り、時にはバンドでコピーしてみたり。思い出を語り始めるとキリがありません。サイン会に自分の卒業アルバムを持っていって寄せ書きのページにサインしていただいたことも…笑。
寂しい気持ちがあるのは否めないですが、新しい道へ進むための卒業、笑顔で送り出すのが礼儀というもの!最後の武道館ライブ、思いっきり楽しむぞ!(チケットとれるかな…)

そんな夢眠ねむさん、引退後はキャラクタープロデュースに加えて書店開店を目指して活動していくとのこと!
昔から本が好きで、書店でのアルバイト経験もあるというねむさん。いよいよ「夢眠書店」の開業に向けて本格的に動き始める模様…!

ということで、この本を紹介せずにはいられません!Webメディア「ほんのひきだし」にて連載されている「夢眠書店開店日記」を一冊にまとめた『本の本 夢眠書店、はじめます』。書店の現場から出版社、取次など本に関わるさまざまな仕事場にねむさん自ら足を運んでインタビューし、開店を目指して修行していくというもの。本についての本はたくさんありますが、裏側について詳しくない人にもやさしく、かつ業界内の人が読んでも楽しめるようなニッチなところまでカバーしている本は少ないのではないかと思います。それも「夢眠ねむ」の興味のフィルターを通すことで生まれた独自性かと。

個人的な推しポイントとして、装幀が非常に良い!本書後半で訪れる新潮社装幀室の監修のもと、ねむさん本人が装幀しています。堅すぎずくだけ過ぎない表紙のデザインに、あたたかい手触りのカバー。そしてミントグリーンのスピンがとってもかわいい!一ファンとして、そして一書店員として、夢眠書店をささやかに応援していきたいと思っております。夢は終わらんよ!(ご)

『本の本 夢眠書店、はじめます
』夢眠ねむ・著
新潮社・刊
本体1500円+税



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます

カテゴリ: 本の本,本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ