【D坂文庫アーカイヴスその14】『夜露死苦現代詩』都築響一

【D坂文庫アーカイヴスその14】『夜露死苦現代詩』都築響一
『夜露死苦現代詩』都築響一 ちくま文庫

スイングする言葉と剥き出しの抒情!

都築アンテナは相変わらず感度良好。今度は「ことば」を対象にして、市井の詩人たちの実情に迫る。詩人は職業ではなく属性のようなものなので、誰でもいつからでも始められる。故にこの世には、潜在的な詩人が無数にいる。その中からピックアップされ
る人達の顔ぶれをみると、なるほど都築さんの本だな…とおもわされる。初期VOWでもおなじみの点取占い、死刑囚の俳句、見世物小屋の口上、玉置宏の話芸などなど。終章で相田みつお美術館を訪れるのも秀逸。思潮社には絶対出せないタイプの本であることは、間違いない。(花本武/ブックスルーエ)



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます



【今年もやります、D坂文庫】
夏に開催予定だったD坂文庫は11月に開催します。
今回もミロコマチコさん描き下ろしの文庫カバーを製作中。9月中に先行リリースします!
開催に先駆けて過去のD坂文庫から作品を紹介します。ご参加くださったかた、ありがとうございます。
(なお、肩書はご執筆当時のものです)

往来堂書店

最近のお知らせ