【D坂文庫アーカイヴスその13】『土を喰う日々』水上勉

【D坂文庫アーカイヴスその13】『土を喰う日々』水上勉
『土を喰う日々』 水上勉 新潮社

食べ物への感謝と愛情がぎっしり

少年時に京都の禅寺で精進料理を学んだ著者が、長じて軽井沢の山中に移り住み、慈しむように育てた季節の野菜を様々に工夫し仕立てた料理の歳時記。先人は「思う味を作り出すために素材を組み合わせる」のではなく、「素材の持つ味を最大限に引き出した物を作る」思想のもとに料理を紡いできたのであり、今に翻りそれ以上の物を作るよう精進することが、即ち精進料理の「精進」たる意味であると。こうした食生活自体が却って難しい現在なればこそ、食べ物への有難みや慈しみが新鮮に聞こえ、忘れないようにしたいものだと思わせられます。(サトミ/往来堂書店)




お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます



【今年もやります、D坂文庫】
夏に開催予定だったD坂文庫は11月に開催します。
今回もミロコマチコさん描き下ろしの文庫カバーを製作中。9月中に先行リリースします!
開催に先駆けて過去のD坂文庫から作品を紹介します。ご参加くださったかた、ありがとうございます。
(なお、肩書はご執筆当時のものです)

往来堂書店

最近のお知らせ