イベント『さよなら雑貨』、大白熱でした!

イベント『さよなら雑貨』、大白熱でした!
以下、感想にもなってないメモですが。

「前期雑貨時代」「後期雑貨時代」そしてすべてを飲み込み大きくなり過ぎて誰も雑貨を論じない現在。今の自分たちの振る舞いを客観的にと耐え直すには、やっぱり歴史観が必要!

インターネットの登場と世界のフラット化、脱権威・民主化と雑貨化、そしてインスタの流行。

「雑貨化」が悪いわけではないんだけれでも、、、、
抗いたい気持ちもどこかにあって、それを実践している人たちの実際と限界(閉鎖性?)

本物とはなにか?
表層とはなにか?

本屋の場合、読者層を限定して品揃えを洗練して専門店可していく必要があろうが(いわゆる「これからの時代読む人は読む、読まない人はますます読まない」論)
同時に普通の本屋はセレクトショップにならずに開かれていることが魅力(条件)という考え方もあって、ゼロか100かではないんだろうけれども。

また、品揃えの洗練の方法にしたって、「雑貨化」を視野に入れた方法と、「コンテンツ重視」な伝統的な方法があり、これもゼロか100か、ではないんだろうけれども、ある程度は意識して取り組まないと商売として結果が出ない気がする、、、、

もうちょっと軽くできないかな、という話。

あと、全部持っていかれるのでミッキーをお店の中に置けなかった話(笑)

とにかく考えるヒント満載であっという間の1時間半。
まさに本屋でやるべきイベントでした。

若林さん、三品さん、そして島田さん、本当にありがとうございました!!

(笈)



カテゴリ: イベント情報

往来堂書店

最近のお知らせ