【D坂文庫アーカイヴスその12】『エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談』ディケンズほか、Eゴーリー編、柴田元幸ほか訳

【D坂文庫アーカイヴスその12】『エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談』ディケンズほか、Eゴーリー編、柴田元幸ほか訳
『エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談』ディケンズほか、Eゴーリー編、柴田元幸ほか訳 河出文庫

夏の夜の悪夢

これは絵本作家ゴーリーの、編集者兼イラストレーターとしての仕事です。12人の書き手による怪談は粒ぞろいで、しかし何より挿絵が怖い。不安と想像力をじわりじわりと掻き立てます。完全に挿絵目当てでしたが、怪談と言えば乱歩やドイルしか思い浮かばない私には新鮮でした。ここで気に入った作家の本を読み進めるのもおもしろそうです。とは言え、ゴーリーの魅力は彼自身の文と絵が揃ってこそ。不条理が生むナンセンス、そこから滲み出るユーモアにきっと取り憑かれます。絵本作品もぜひどうぞ。(坂崎紀子/橙灯ギャラリーカフェ)



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます



【今年もやります、D坂文庫】
夏に開催予定だったD坂文庫は11月に開催します。
今回もミロコマチコさん描き下ろしの文庫カバーを製作中。9月中に先行リリースします!
開催に先駆けて過去のD坂文庫から作品を紹介します。ご参加くださったかた、ありがとうございます。
(なお、肩書はご執筆当時のものです)

往来堂書店

最近のお知らせ