【D坂文庫アーカイヴスその8】『西瓜糖の日々』リチャード・ブローティガン

【D坂文庫アーカイヴスその8】『西瓜糖の日々』リチャード・ブローティガン
『西瓜糖の日々』リチャード・ブローティガン 河出文庫

because I am here and you are distant

夏が来るな、と思うときはいつもなんだかちょっとわくわくする。特に夜。深呼吸するとアルファルトと草いきれのにおい。太陽がさ
よならしても、彼がいた明るい雰囲気がそこらじゅうに充満しているから、私たちはどこまでも行けるような気がする。リチャード・ブローティガンは、はかなくて優しい、アメリカのB面。彼が生まれて死んだカリフォルニアは、行ったことのある人に言わせると「一年中初夏みたい」だそうな。「西瓜糖の日々」はそんな時期に読みたい本。夏の夜は永遠に伸び縮みするようにも感じるけど、おしまいはやってくる。それを味わう。(ボンヌ/book pick orchestra)



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます



【今年もやります、D坂文庫】
夏に開催予定だったD坂文庫は11月に開催します。
今回もミロコマチコさん描き下ろしの文庫カバーを製作中。9月中に先行リリースします!
開催に先駆けて過去のD坂文庫から作品を紹介します。ご参加くださったかた、ありがとうございます。
(なお、肩書はご執筆当時のものです)

往来堂書店

最近のお知らせ