『自分ひとりの部屋』 ヴァージニア・ウルフ

平凡社ライブラリー831『自分ひとりの部屋』ヴァージニア・ウルフ著、片山亜紀訳女性が、自分の表現をするためには何が必要だったか。ウルフの、知性と人間性が入り混じった文章で、彼女の思考そのものを感じることができます。ものを書くことへの静かな情熱が、一文一文に宿っているような気がします。(いぬ)平凡社ライブラリー 1,200円+税#book #往来堂書店
女性が、自分の表現をするためには何が必要だったか。ウルフの、知性と人間性が入り混じった文章で、彼女の思考そのものを感じることができます。ものを書くことへの静かな情熱が、一文一文に宿っているような気がします。(いぬ)


平凡社ライブラリー831『自分ひとりの部屋』
ヴァージニア・ウルフ著、片山亜紀訳
平凡社ライブラリー/1,200円+税


お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます

カテゴリ: 文芸部,本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ