脅かすわけではないですが。防災の本

Instagram Image 新書コーナーでは『防災かあさん』(羽鳥書店)、『天災から日本史を読みなおす』(磯田道史・中公)、『東海・東南海・南海 巨大連動地震』(高嶋哲夫・集英社)、『ドキュメント御嶽山大噴火』(ヤマケイ)、『火山入門 日本誕生から破局噴火まで』(島村英紀・NHK)、『富士山噴火』(鎌田浩毅・講談社ブルーバックス)。楽しみながら勉強したい向きには文庫のコーナーの高嶋哲夫さんのパニックシミュレーション小説、『死都日本』『震災列島』(石黒耀・講談社)、『日本沈没』(小松左京・小学館)はやり過ぎたか・・・今のところ文庫の小説のほうがよく売れています。

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ