#人人本 その2 『パリのすてきなおじさん』金井真紀:絵と文 広岡裕児:案内 柏書房

#人人本  その2 『パリのすてきなおじさん』金井真紀:絵と文 広岡裕児:案内 柏書房
まえがきに金井さんが伊丹十三の言葉を引いています。「ある日ふらっとやってきて、両親の価値観に風穴を開けてくれる存在、それがおじさんなんです」
思い込みで凝り固まった自分の考え方に、気持ちのよい風を通してくれるおじさん。
何かと息苦しい世の中、そういえば最近おじさんにスポットが当たることもあるようです。北杜夫の『ぼくのおじさん』は映画化されましたし、『君たちはどう生きるか』もおじさんの存在なしでは成り立たない。
金井さんが、パリ在住40年の広岡さんと一緒に、パリでおじさんたちの話を聞き、集め、一冊にまとめた本です。絵もすてき。帯はなんと4種類もあります。どのおじさんがいいですか!?
ふだん、いろいろな人に会って、刺激を受けることをしなくなっている自分はちょっとまずいなぁ、と思い出させてくれる本でもありました。
(笈)

往来堂書店・店内イベントvol.02
『編む人(ビレッジプレス)』・『パリのすてきなおじさん(柏書房)』刊行記念
南陀楼綾繁さん ✕ 金井真紀さんトークショー
「人の話を聞くしごと」
日 時:2018年1月12日(金)19時30分~21時
参加費:1500円・1ドリンク付(定員15名)
会 場:千駄木・往来堂書店 店内(文京区千駄木2-47-11)
お申込みはこちらから!

往来堂書店

最近のお知らせ