往来堂書店 文庫ベスト10 2017/12/3〜9

往来堂書店 文庫ベスト10 2017/12/3〜9
1『なりたい』畠中恵 新潮社
2『君たちはどう生きるか』吉野源三郎 岩波書店
3『書店主フィクリーのものがたり』ガブリエル・ゼヴィン 早川書房
4『日の名残り』カズオ・イシグロ 早川書房
5『はじめての暗渠散歩』本田創 筑摩書房
6『充たされざる者』カズオ・イシグロ 早川書房
7『一網打尽 警視庁公安部・青山望』濱嘉之 文藝春秋03-3288-6977
8『「南京事件」を調査せよ』清水潔 文藝春秋
9『俳人風狂列伝』石川桂郎 中央公論新社
10『悲嘆の門』宮部みゆき 新潮社

2位、『君たちはどう生きるか』漫画版にともなって、依然売れ続けています。漫画版95万部(2017年末)ですが、往来堂での販売数はなんと124冊!!! なのですが、これには少し理由がありまして、根津駅前のカレー屋さん「ラッキー」さんにもうかれこれ50冊ほどお預けしており、そちらでの販売数も含まれているのです。カレー屋さんでなぜ『君たちはどう生きるか』がそんなに売れるのかって?
漫画を描かれた羽賀さんがよくいらして、そこでサイン本(というかキャラ入り本)を描いてくださっているのです! これまでに、コペル君だけではなく、おじさんや浦川くんのバージョンもありました。カレーを食べてる横で、目の前でキャラを書いてくださったら、その場で欲しくなってしまいますよね! 羽賀さん、ラッキーさん、ありがとうございます! おすすめの「赤カレー」を食べに、ぜひ根津のラッキーさんへ!!

往来堂書店

最近のお知らせ