和田誠+和田唱

優しい本が入荷していました。 『親馬鹿小馬鹿』和田誠+和田唱 著復刊ドットコム/2017.10.20刊


『親馬鹿小馬鹿』
和田誠+和田唱 著
復刊ドットコム/2017.10.20刊/2,700円+税


親子の優しい本が入荷しました。
ところで、和田誠さんと平野レミさんは11歳の歳の差カップルなんですね。本書の前口上に、和田さんが39歳のときに長男の唱さんが生まれたと書いてありました。ということはレミさんは28歳。月日が流れて42年経った今もお二人とも若々しくご活躍で素敵です。唱さんは、トライセラトップスのボーカル。奥さんは上野樹里ちゃん。
この本、唱くん(当時4〜5才)の絵がいいんです。上手なのにほのぼのノビノビ自然体。そこに普段着の和田誠さんの文章とイラスト、といった感じ。
長く求められてきた待望の本書、お求めやすい価格にて復刊です!! (ま)

<版元さんの分かりやすい内容紹介文を・・・>
人気バンド・TRICERATOPSでヴォーカル&ギターをつとめる和田唱が4~5歳頃に描いた絵に、イラストレーターでもある父・和田誠が解説(&イラストレーション)でまとめるという、不思議な形でページが進む作品集。元々は1981年に「家庭画報」誌上に連載され、その後1983年に講談社からまとめられた本作。
長らく絶版状態が続き、古書市場でも非常に高額となっていました。
このたびの復刊化にあたり、巻末には「イラストレーション」誌No.210にも掲載された和田誠×和田唱による親子対談【絵を描くこととレコーディングは似ている?】も収録。和田唱の才能の原点を垣間見ることができるだけでなく、父親・和田誠の子どもへのまなざし、子育て論、アートへの向き合い方をも知ることができる一冊です。
長きにわたり多数の復刊リクエストを集める貴重な作品が、30年以上の時を経て、ついに復刊します!


お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます

カテゴリ: 美術部,本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ