『無冠、されど至強 東京朝鮮高校サッカー部と金明植の時代』木村元彦:著(ころから)

オススメサッカー本。#サッカー #本 #高校サッカー #ころから #往来堂書店 #書店 #book #bookstagram #bookstore #tokyo #千駄木 #football
『無冠、されど至強 東京朝鮮高校サッカー部と金明植の時代』木村元彦:著(ころから)
『オシムの言葉』の著者・木村元彦さんによる、熱いサッカードキュメンタリーの新刊。
1970年代から80年代にかけて、日本のサッカー強豪高がこぞって十条に対戦に向かったほどの強さを誇った東京朝鮮高校サッカー部。(今も強いです!)当時の強豪、帝京との「十条ダービー」も熱かった!
そのサッカー部のいままで語られなかった物語。
高校年代の「影のナンバーワン」と呼ばれたサッカー部を育て上げたのは金明植さん。
差別との戦いから、日本の高校年代トップクラスになるまでの道のりとは。
サッカーファミリー必見です!
(ムラタ)

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ