出た!ノームの新装愛蔵版!

『ノーム 不思議な小人たち 新装愛蔵版』


『ノーム 不思議な小人たち 新装愛蔵版』
ヴィル・ヒュイゲン, リーン・ポールトフリート[著]
遠藤 周作, 山崎 陽子, 寺地五一[訳]
グラフィック社/1,800円 + 税

出ました!グラフィック社からスンバラシイ本!ノームの新装愛蔵版。
B5変型/総216頁フルカラーで、びっくりの1,800円?2度見しました1,800円!!
内容も濃い〜。いい本です。
プレゼントにもバッチリ!子どもから大人まで、みんな喜びます。

ノームがすぐそばにいそうな気がしてきます。いないのがおかしい。まぁ活動は夜らしいのですが。
古代・中世の人々は自然界は、地、空気、火、水の4つ基本物質で成り立っていると信じていたそうです。ノームは「地」を代表する精(妖精)。身長15cm(帽子ぬきで)って意外に大きいのね・・・、働き盛りは275歳って・・・。
読んだら、ノームみたいに暮らしたくなりますよ(昼間にね)。
これは、私たちの暮らしの指南書です。ぜひ読んでみてください。

(ま)




お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます

カテゴリ: 美術部,本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ