【往来堂文庫週間ベスト10】虫明亜呂無!

【往来堂文庫週間ベスト10】虫明亜呂無!#book#文庫本 #文庫#往来堂#千駄木#谷根千
2016年11月20日~11月26日の往来堂文庫週間ベスト10です。

1位は『女の足指と電話機』。虫明亜呂無が1位になるなんて、これはなかなかの快挙でしょう。
2位の『妻への祈り 島尾敏雄作品集』も中公文庫の新刊。中公さんの目のつけどころと往来堂のお客様が見事に一致した印象。本を売るうえで最も大切なことなので、もっと連携してやっていければいいのかもしれません。
気鋭の政治学者・白井聡さんの『永続敗戦論』が3位。戦後日本の現実と問題点を浮き彫りにした名著です。
5位に『千駄木の漱石』が再ランクインしてきました。もうすぐ売上累計100冊!
9位の『月の上の観覧車』は直木賞を受賞した荻原浩さんの紡ぐ8つの物語。「8回泣かされました。」

お取り置きご希望の際は通信欄に書名を(順位でもいいですが)お願いします。



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


往来堂書店

最近のお知らせ