ラジオと本は相性がいい。

Instagram Image
きょうTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」のオープニングトークで志賀櫻『タックス・ヘイブン――逃げていく税金』(岩波新書)が紹介されていた。パナマ文書で明らかにされるつあるタックス・ヘイブンを理解するための副読本として良さそうだ。

ラジオと本は相性がいい。時間をかけて丁寧に本を紹介してくれる番組が多いせいか、それをきっかけに読みたくなった本は数知れず! ラジオを聴きながらの読書はちょっと辛いけど……。

最近ではradikoプレミアムで日本全国のラジオ番組が聴けるようになった。『ラジオ番組表2016年春号』(三才ムックvol.871)で、日本中のラジオ番組をチェックせねば!

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ