『ブラジルの光、家族の風景: 大原治雄写真集』(サウダージ・ブックス)

Instagram Image
昨年、NHKのETV特集でも紹介された、戦前(1927年)に17歳でブラジルに移民したアマチュア写真家・大原治雄(1909-1999年)の写真集です。フォトジェニックに切り取られた日系移民たちの知られざる暮らしは、未知の世界なのに、どこか懐かしい。今年、日本で展覧会も開催されます。

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ