弥生美術館で31日からはじまる「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展の本が入荷

弥生美術館で31日からはじまる「谷崎潤一郎文学の着物を見る」展の本が入荷。#往来堂 #本屋 #書店 #谷崎潤一郎 #弥生美術館 #着物 #book #bookstore #kimono #tanizaki
谷崎文学の挿絵とアンティーク着物!
『谷崎潤一郎文学の着物を見る』大野らふ、中村圭子:編著(河出書房新社)。
往来堂のご近所、弥生美術館で3月31日(木〉から同名の展覧会が開催されます。
往来堂では割引券付きのチラシを配布中。

そして、この本すごいです。
着物好きの女性の間ではバイブルとされる『細雪』をはじめ、各作品の詳しい解説と、
多数の挿絵、文章など、当時の資料の分析などから
昭和初期のアンティーク着物で当時の様子をカラフルに再現。
谷崎文学をさらに楽しむのに貴重な資料が満載です。




お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ