犬心

Instagram Image
「犬心」伊藤比呂美

カリフォルニアに住む著者。本書は、14年間をともに過ごしたジャーマン・シェパードのタケが老い果て、晩年の介護/看取りの様子が中心に描かれたエッセイ。愛犬への慈しみの中に、熊本に住む実父の遠距離介護や父母の死の経験が重なり、想いが伝わってくる。
だけでなく、今を大切にするひたむきさも。家族・他2頭の個性豊かな犬たち(+インコ)との生活、繰返しの日常をよくよく見つめ、「いのち」に実直に向きあう著者のメッセージが、心の奥底に響く。
しめっぽさのない、リズム感ある伊藤比呂美節は、笑いがあり、強さがあり、その中に優しさが滲み出ていて、深い。
言葉が胸に迫って、涙して、何度も読み返しているところです。(長)

カテゴリ: 本の紹介,いぬ部

往来堂書店

最近のお知らせ