『ゲンロン 1』の「創刊にあたって」(東浩紀)にハッとした

以下は東浩紀さんによる「創刊にあたって」の一部です。

思想書とは、本来は、もっと自由で、いいかげんなものではなかっただろうか。(中略)本誌は、そのような思いのもと、哲学と思想に、ふたたび好奇の喜びと迷子の経験をもたらすために創刊されたものである。言い換えれば、哲学と思想を「ふまじめ」にするために創刊されたものである。現実から離れ、目的を見失って惑う知の喜びの経験を、ぼくは「観光」という言葉で表現している。

二〇一一年の震災からこちら、日本はとても余裕のない国になってしまった。(中略)ぼくはむしろ、政権の右傾化よりも、その過剰に行動主義的な空気のほうに「戦前」との類似を感じる。だからぼくは、現実について考えるために現実から離れたい。(中略)思考に時間を与えるその余裕をこそ、批評家として後世に伝えたい。

・・・・・・ハッとしました。たしかに3.11以降、「まじめ」過ぎたかもしれない。お客さんに楽しんでももらうには、自分がまず楽しまなくちゃとわかっているつもりでも。。。
お客さんに本屋へ「観光」しに来てもらう。そういうことか。

カテゴリ: お知らせ

往来堂書店

最近のお知らせ