『なぜニワトリは毎日卵を産むのか』森誠 こぶし書房

『なぜニワトリは毎日卵を産むのか』森誠 こぶし書房
本書は、私が長年使ってきた講義のネタ帳から書きおこしたものです。といってもネタ帳の本題部分ではなく、欄外に書きとめていたどうでもいい話の部分です――(「はじめに」より)
学生たちが居眠りしないようにと、少しでも興味を引きそうな話を講義の間に挟んで来た森誠センセイ。どうでも良い話といっても、口からでまかせのいい加減な話ではなく、すべて根拠のある科学的ウンチク。卵かけごはんの歴史から卵の普及と冷蔵庫の関係、ニワトリの会話術まで、いろんなことが分かります。楽しい!
(写真の背景の絵はミロコマチコさんによる「カラフトライチョウ」です)
2000円+税

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ