犬とは、犬の服を着た魂である。

Instagram Image
「そして、人間とは人間の服を着た魂である。」(文中より)

『犬の力を知っていますか?』/毎日新聞出版
 

犬と酒をこよなく愛した文筆家、池田晶子。

本書は、出版物の中から犬と酒のテーマを集めた哲学エッセイ アンソロジー。

冒頭には著者と愛犬ダンディが並ぶ2ショット写真。
{わぁ、似ている!}と心は躍り、次のページに目をやれば、≪「似ている」と言われることが多い私たちです」≫の書出し。のっけから惹かれました。
ムツカシイ哲学というより、一緒に飲みながら楽しく語りを聴いている気分になり、肩肘はらずに著者の思索に引き込まれます。思索の旅は酔うほどにノッてくるそうで、カッコイイー。
 犬がかくも愛おしい存在であるのは?犬の力とは?魂の交流とは?
わかるなー。犬を愛し酒を愛する身には、共感溢れてもう夢中。
生きるとは?死ぬとは?人生とは?心とは何?
今ここに居ることの「奇跡」を見つめる導きにも。                                     
未公開写真も多く掲載。 目は口ほどに物を言う、伝わる深い愛と絆に、はらはらと涙が。。
なんて素敵な人なの! (長)

カテゴリ: 本の紹介,いぬ部

往来堂書店

最近のお知らせ