世界一美しい本を作るフェア

世界一美しい本を作るフェア
新潮社から『世界一美しい本を作る男 シュタイデルとの旅 DVDブック』が発売となりました。
ドキュメンタリー映画のDVDとシュタイデル社訪問記、スペシャルインタビュー13000字が一冊に。
世界最高峰の本作りの現場へ。


 ドイツの地方都市、ゲッティンゲンにある社員40名ほどの出版社、シュタイデル。世界最高峰の本作りの現場とは? 作家、アーティストとともに理想的な本作りを追求する姿は、日本で本を作り、また売っている私たちに何を教えるのでしょうか。
 さらに現代に生きる読者は、私たちの暮らしから身体性が失われつつあることに気付かされるという指摘もなされています。

 そして、往来堂書店ではブックデザインの本、装丁の本、タイポグラフィの本を集めてみました。
手触りまで含めた豊かな読書の世界を愛する方にご覧頂きたいフェアです。

同時に不忍ブックストリートの古書ほうろうさんと古書信天翁さんでは「装丁が美しい本」のミニコーナーを作っていただきました。
不忍ブックストリートにいらしたら「美しい本たち」のハシゴをしてみてくださいませ。(古書ほうろうさんは9/19から)

9/17には『新刊、刷り上がりました!』というコミックが入荷。印刷所で繰り広げられる本作り(コミック)のドラマを読ませます。いろんなマンガがあるなぁ。

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ