『スウィート・ソウル・ミュージック』 <品切れ中です。>

soulmusic
先日、朝日新聞でピーター・バラカンさんが<思い出す本 忘れない本>として紹介した『スウィート・ソウル・ミュージック – リズム・アンド・ブルースと南部の自由への夢』(シンコーミュージック)が入荷しています。
1986年に発刊されたものが、2000年台にようやく邦訳されたもの。新刊ではありませんが、これをのがすと入手困難かもしれません…
サザン・ソウルの生まれた時代、社会、ミュージシャン、そのた関係者を徹底取材しその歴史を紐解いたもの。ソウルというシーンが生まれてゆく時代の潮流をなまなましく感じることができる名著。コステロもおすすめしてます。
Apple Musicなどの音楽配信サービスを利用するのに、こういう本があったらかなり楽しめるのではないかな?と思ってしまいます。(使ったことないですが…) (ム)




お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


往来堂書店

最近のお知らせ