沖縄初の芥川賞作家による初めての私小説

Instagram Image

本土復帰前の1967年に『カクテル・パーティー』で芥川賞を受賞し、沖縄初の芥川賞作家となった大城立裕さん。最新刊『レールの向こう』は川端康成文学賞を受賞した表題作を収録した短篇集。デビュー以来、沖縄にこだわり、沖縄を書き続けた大城ですが、なんと89歳にして初めての私小説です! (つ)

カテゴリ: 本の紹介

往来堂書店

最近のお知らせ