【文庫ベスト10】2022-4-3~4-9


1 掃除婦のための手引き書 L.ベルリン 講談社
2 言語が違えば、世界も違って見えるわけ G.ドイッチャー 早川書房
3 中央線小説傑作選 南陀楼綾繁 編 中央公論新社
4 酒宴/残光-吉田健一短篇小説集成 吉田健一 中央公論新社
5 啓蒙思想2.0 新版 J.ヒース 早川書房
6 自由研究には向かない殺人 H.ジャクソン 東京創元社
7 三千円の使いかた 原田ひ香 中央公論新社
8 女のいない男たち 村上春樹 文藝春秋
9 きたきた捕物帖 宮部みゆき PHP研究所
10 暇と退屈の倫理学 國分功一郎 新潮社

全国一千万人の翻訳文学好きに熱く迎えられた『掃除婦のための手引き書』が1位!
2位、『ピダハン』とかも売れてるからな、まだ行くでしょう。
3位、ナンダロウさん! 2週つづけてランク入りですよ!
5位、ハヤカワNFのフェアを独自セレクトでやったほうが絶対によいと思うのだ。
6位、弊社タカハシのコメントが帯に掲載されております。見に来てね(そして買って!)この本は本屋大賞の翻訳部門を受賞したのです。
7位、もう少しで100冊突破!!多分来週中には。
8位、来週もう一回重版配本あるらしい。受け身の態勢です。
9位、宮部さんの読者のすそ野はこんなものではないはず。知らせればまだまだ喜んで買っていただけるはず。山積みにして目にとめてもらえばよいのだ。
10位、暇でも退屈でもありませんが、買ってしまったよ・・・(笈)



お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます


お取り置きの際はタイトルをお知らせください。

カテゴリ: 文庫BEST10

往来堂書店

お店と町の様子

最近のお知らせ