【新入荷】黄金虫変奏曲 リチャード・パワーズ(著/文)森慎一郎(翻訳)若島正(翻訳) みすず書房



黄金虫変奏曲
リチャード・パワーズ(著/文)森慎一郎(翻訳)若島正(翻訳)
発行:みすず書房
四六判 864ページ
定価 5,200円+税
ISBN978-4-622-09078-6

入荷しました!
ガイブンの棚ではなくて、レジ正面のみすず書房コーナーにございます。
なぜかって?
さあて・・・ね。
背景にも写っていますね。

2段組みです。
バッハを聴きながらお待ちしております!




お取り置きフォームへ

お取り置きが出来ましたら、こちらからご連絡差し上げます。
タイミング悪く在庫切れとなりました際はご容赦ください。次回の入荷予定の有無も含めまして、こちらからご連絡差し上げます



◆たった四つの文字から「畏るべき豊穣」を生む遺伝情報と、バッハのゴルトベルク変奏曲。その二つの構造の不思議なまでの符合を鋳型にして、精巧なロマンスとサスペンスが紡ぎ出される。
◆1957年、遺伝暗号の解読を目指す若き生化学者スチュアート・レスラーに、一人の女性がゴルトベルク変奏曲のレコードを手渡す。25年後、公立図書館の司書ジャン・オデイは、魅力的な青年フランク・トッドから、奇妙なリサーチの依頼を受ける。夜ごとゴルトベルクを聴きながら凡庸なコンピュータ・アルゴリズムのお守りをしている、恐ろしく知的で孤独な同僚の正体を調べたい、と。長い時を隔てて存在する二組の恋愛が、互いを反復し、変奏しながら二重螺旋のように絡み合う。なぜレスラーは20世紀生物学の最大の発見に肉薄しながら、突如歴史から消えたのか? その謎が解かれていくとともに、芸術、言語、音楽、愛、そして生命の継承の意味までを巻き込んだ語りが縦横に拡がっていく。
◆34歳の若きパワーズが持てるすべてを注ぎ込み、小説の四隅を押し広げようとした長編第3作にして、全著作のなかでも屈指のマスターピース。Time誌ブック・オブ・ザ・イヤー(1991)、パブリッシャーズ・レビュー誌ベスト・ブックス(1991)などに選出、全米批評家協会賞(1991)最終候補作。

既刊もできる限りそろえて、待っています!

カテゴリ: 新入荷

往来堂書店

お店と町の様子

最近のお知らせ