【2019-11-22】『さくら さくらん』 夫・車谷長吉 急逝後の作品を含む最新詩集(デコ)刊行記念 高橋順子さん 朗読&トークイベント

『さくら さくらん』
夫・車谷長吉 急逝後の作品を含む最新詩集(デコ)刊行記念
高橋順子さん 朗読&トークイベント

帯に、「くうちゃん 詩が終わらないよ」。この「くうちゃん」は、直木賞作家の夫・車谷長吉氏のこと。作品を書き上げると、まず最初に見せ合ったそうです。
 車谷氏が急逝して4年半…。『さくら さくらん』は、5年ぶり13冊目の単行詩集です。2人が暮らした千駄木の家で、車谷氏の気配を感じながら綴った「愚かなうた 1~17」は圧巻です。亡夫への溢れる想いを込めた作品が多数収録されています。

 順子さんの朗読を聞いたことがありますか?

やや低めの声で、詩を書いた本人にしかとることのできない「間」は、聞く人を一瞬にして、順子さんの詩の世界に連れ出してくれます。収録された詩の朗読をはさみながらのトークイベントに際して「参加された方々に、たくさん質問して欲しいわ。答えられる限りはお答えします」と語る順子さん…。
 詩との出合い。どのように詩が生まれるのか。そして車谷長吉さんのこと…。
車谷氏もたびたび訪れた往来堂書店で、高橋順子さんの詩の力のヒミツを探ってみませんか。

2019年11月22日(金)
19:30 ~ 21:00
【参加費】1500円(税込み)
『さくら さくらん』同時購入で500円引き
【会場】往来堂書店

◆下のリンクから必要事項をご記入の上お申し込みください。
https://forms.gle/QkikZHmBBVTYghJW9
◆店頭でのご予約もできます。
◆メール・電話でもご予約できます。
 文京区千駄木2-47-11
 03-5685-0807/ohraido@gmail.com







●プロフィール
高橋順子(たかはし・じゅんこ)
詩人。1944年千葉県生まれ。東京大学仏文卒。出版社に勤務しながら第一詩集『海まで』を刊行。1993年に作家の車谷長吉と結婚。著書に詩集『時の雨』(読売文学賞)、『お遍路』、『あさって歯医者さんに行こう』、『海へ』(藤村記念歴程賞、三好達治賞)、エッセイ集『連句のたのしみ』『一茶の連句』『うたはめぐる』『水のなまえ』『星のなまえ』『夫・車谷長吉』(講談社エッセイ賞)、佐藤秀明写真による『雨の名前』『風の名前』『花の名前』『月の名前』『恋の名前』、小説集『緑の石と猫』『海へびのぬけがら』など。

往来堂書店

最近のお知らせ