終了しました【2019/11/1 トークイベント】「地域と本屋の楽しいつながり」

地域と本屋の楽しいつながり
~『地域人』第50号 特集「本屋が楽しい、まちが楽しい!」を取材して~

『地域人』(大正大学出版会)第50号の特集は「本屋が楽しい、まちが楽しい!」。
北海道、岩手、山梨、鳥取、高知、熊本の6つの地域ごとに複数の本屋を取り上げ、「地域と本屋」の関係を考えています。この特集の企画から関わったライターの南陀楼綾繁さんが、写真を見せながら、取材しながら考えたことをお話しします。

協力:「地域人」編集部・大正大学地域構想研究所

2019年11月1日(金)
19:30 ~ 21:00
【参加費】1500円(税込み)
 『地域人』第50号 同時購入で500円引き
【会場】往来堂書店
終了しました



登壇者プロフィール
南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)
1967年、島根県出雲市生まれ。ライター・編集者。早稲田大学第一文学部卒業。明治大学大学院修士課程修了。出版、古本、ミニコミ、図書館など、本に関することならなんでも追いかける。2005年から谷中・根津・千駄木で活動している「不忍ブックストリート」の代表。各地で開催される多くのブックイベントにも関わる。「一箱本送り隊」呼びかけ人として、石巻市で本のコミュニティ・スペース「石巻まちの本棚」の運営にも携わる。本と町と人をつなぐ雑誌『ヒトハコ』編集発行人。近著に『町を歩いて本の中へ』(原書房)、『編む人 ちいさな本から生まれたもの』(ビレッジプレス)、『本好き女子のお悩み相談室』(ちくま文庫)など。

笈入建志(おいりけんじ)
1970年生まれ。往来堂書店・店主。

往来堂書店

最近のお知らせ