往来堂書店について

 「情報の容れ物は本や雜誌でなくてもいいんじゃない?」と言われ続けてどれくらい経つでしょうか。その割には本も雜誌も結構頑張っているように思えます。それらを扱う店である本屋も、その存在意義を問われる昨今であります。

 ページをめくる行為と、モニターを眺める行為の間には、やはり断絶があるように感じます。良し悪しではなくてそれらは別のものなのではないでしょうか。一人の人間にできることには限りがあります。往来堂は、やっと手に入れた本のページをめくる幸せな時間を提案していきたいと考えています。

 そして、本をこれから読む人、読んだ人、作った人、書いた人が、自由に気軽に立ち寄れる、というより、つい立ち寄りたくなるような場所を目指したいと思います。

signature

往来堂書店

最近のお知らせ